ジャニーズと私。

薮担になって十数年、人生の半分はジャニヲタなわけですが、私のジャニーズとの出会いは小学生の時でした。

 

まず最初に出会ったのが堂本剛くんです。

当時金田一少年の事件簿が大好きで、放送を毎週楽しみにしていました。おちゃめなはじめちゃんが可愛くて、ともさかりえさん演じる美雪とのコンビが面白くてほっこりしてきゅんとして。今思うとあの少し怖い映像をよく小学生が見ていたなと思うのですが、学校でも友達に金田一の話をしておすすめしちゃう、はじめちゃんが大好きなちびっ子でした。しかし剛くんがジャニーズという認識がないままドラマは最終回を迎えました。

余談ですがドラマの影響で漫画にもはまりコミックスは全巻持っています。

 

そして次に出会ったのが生田斗真くんです。

二歳上の姉がいるのですが、先にジャニーズJr.にはまり雑誌や今のザ少年倶楽部の前番組であるミュージック・ジャンプ通称MJを見ていたことがきっかけでした。少し前からタッキー&翼のお二人などは木曜の怪談などを見て知ってはいたのですが、剛くんと同様にジャニーズとは知らずにただただ作品の世界を楽しんでいただけでした。

ある時姉が見ていたMJを一緒に見ていて、歌って踊る姿に目が離せなくなりました。まずは誰がというわけではなくジャニーズJr.という存在にときめきました。そして私も番組を見ることが毎週の楽しみになっていくうちに気づけば斗真くんに夢中になっていきました。ちゃんとしたきっかけは正直分からないのですが、タッキー&翼や嵐、関ジャニ∞のお兄さんたちに囲まれて斗真くんや山下智久くんは弟のような存在だったと思います。私より年上なのですが、愛されキャラの可愛いその姿に惹かれていったのかもしれません。

初めてときめいたジャニーズは確かに堂本剛くんですが、ジャニーズアイドルとちゃんと認識して好きになった「担当」と呼べる存在は生田斗真くんが初めてです。

 

ジャニーズにどっぷりハマった私。

Jr.の黄金時代と呼ばれたあの時代、Jr.単独の番組は他にもありましたが、私の住んでいる地域では見られないものもありMJを本当に楽しみにしていました。この時間は少クラなってからも続き、放送時間拡大後、日時が変更になるまで日曜夜のお楽しみでした。世間一般的にはこの時間はちびまる子ちゃんからのサザエさんだったと思いますが私はMJ、少クラからのサザエさんでした。こんな素敵な番組を放送してくれたNHK様には本当に感謝の気持ちでいっぱいです。

雑誌は当時はヲタ誌を全部買うことは難しかったので姉妹で共有してMyojoをよく見ていました。好きな子が違っていたこともあり、斗真くんの出ているページを分けてもらっては切り抜きを眺めてインタービューの内容はほぼ読まずに写真ばかり見ていた気がします。

初めてコンサートに連れて行ってもらえたのは小学校を卒業した春休み。大阪城ホールでのジャニーズJr.のコンサートでした。おしゃれに興味がなかった私を姉はコンサートに行くんだからと服をコーディネートしてくれました。コンサート=おしゃれする場所というのは今も変わらないかもしれません。 地元ではないのでもちろん遠征になるのですが、コンサートに行かせてくれた親には感謝しています。

 

コンサートに行ってからますますジャニーズにはまり抜け出せなくなり、現在の薮くんに至るわけでございます。薮担になったきっかけはまた今度お話出来たらいいなと思います。

広告を非表示にする